壁紙でイメチェン|セントラル浄水器の工事を行ないたいなら業者に相談を

セントラル浄水器の工事を行ないたいなら業者に相談を

作業着のレディ

壁紙でイメチェン

お風呂

自分で選ぶことです

家を建てたり、リフォームする際は、壁紙を選ぶことが必要になりますが、意外と深く考えずに設計担当者に任せる人が多いです。壁紙一つで、同じ空間でもかなり雰囲気が変わるので、自分でいろいろ選べるのであれば、よく検討した方がよいでしょう。例えば、トイレの壁紙などをツートンカラーにするとホテルのトイレのようなオシャレな空間を演出することが可能です。寝室なども同じような方法で、グッと高級感を出せるでしょう。また、ハウスシックなどが気になる人は壁紙のかわりに塗り壁にするのも有効です。表面に独自の凹凸ができてオリジナル感が出せるのも魅力です。ただ、ひび割れなどしやすいので、手入れはマメにした方が良いでしょう。

デザインは注意です

あまり凝った壁紙ばかりにしようすると、家全体の統一感がなくなったり、ゴテゴテした感じになってしまうので、デザインが凝った壁紙は特別な部屋に使うなど注意した方が良いです。子供部屋や自分の書斎は、他と違う壁紙にしてみるのは面白いです。廊下やリビングは、一番多く使う空間なので、シンプルな方が飽きがこなくて良いでしょう。また、洗面や浴室、トイレなどは多少割高になっても、汚れに強い壁紙を選んだ方が、将来的にはコストがかからないでしょう。同じ白系の壁紙でも、カタログで見たのと、実際に壁全体に貼った場合では、想像したのと違うように感じる場合もあるので、可能であれば展示会などで実物を見れると雰囲気がわかって良いです。